みそまんじゅうを作ってみた。

ブログ

こんにちは。

先日友人から「みそまんじゅう」ってどうやって作るの?
と聞かれたのですが、作ったことがなく答えられませんでした。


ならば、作ってみるしかあるまい!
調べて作ってみることにしました。
友人よ、みそまんじゅうを作るきっかけをくれてありがとう。
では早速材料から、


材料(10個分)

  • 薄力粉 100g
  • 砂糖  50g
  • 重曹  小さじ1/2
  • みそ  大さじ1
  • 水   40ml
  • こしあん 100g (中餡)

意外と少ない材料で作れるんですね。

まずは、皮から作ります。
薄力粉、砂糖、重曹はボウルに入れ混ぜておきます。
みそは水に溶かしてから少しずつボウルに入れ混ぜていきます。
今回は食感が滑らかになるように太白みそを使いました。

ベタベタの状態になったら、ラップをして常温で1時間寝かせます。
こんなに柔らかくて大丈夫なんだろうか…。



打ち粉(薄力粉)をして、皮は10等分にして丸め、平に伸ばしていきます。
丸く伸びたら餡を包んでいきます。

外側を引っ張りながら餡を包んでいきます。
これが難しい。柔い、柔すぎるー!
生地がふわふわすぎて熟練の技が求められます!
力が入ったり、伸ばしすぎたりして餡が飛び出してしまいました。

際どいものがたくさん。笑
なんとか包まったという感じです。

蒸し器に入れて、強火で10分蒸しました。
蒸し上がってくるとみそのいい香りがしてきます。

出来上がり!!
見事に爆発してしまいましたー!

蒸し器の蓋を開けた後は、うちわで扇いであげると
まんじゅうの表面がつるんとするそうですよ。

見た目は悪いけれど、あまじょっぱく美味しいみそまんじゅうが出来ました。
皮はふわふわしてて、美味しかったです。
みその味はほんのり。


欲を言えば、皮の厚みが均等であればもっと良かったかもしれません。
絶対にそうです。

では、断面を見てみましょう。

上側はいい厚みですが、下側が厚すぎる!
あんこまで押し上げてしまっています。
これが爆発してしまった原因ですね。

原因が分かったので、
次回作るときは下部が厚くならないように包みたいと思います。
その技術があればいいのですが。笑

技術は回数を重ねなければ上達しませんからね、
これからも作ってみたいと思います。
次回作にご期待ください!

関連記事

カテゴリー

アーカイブ